ポテンツァ - 上野美容外科・美容皮膚科

logo 上野美容外科・
美容皮膚科

menu

ポテンツァ

POTENZA(ポテンツァ)の特徴

✔️たるみ
✔️肝斑
✔️ニキビ跡
✔️小じわ
✔️お肌のひきしめ
✔️毛穴

のお悩みにおすすめの治療です。

ポテンツァは、微細な針を皮下へ刺入し、針先からRFを照射します。
表皮に熱損傷を起こすことなく真皮層に直接熱エネルギーを与え、コラーゲン生成と組織再生を促進します。RFを照射することで止血になるのでダウンタイムを最小限に抑えることができます。
豊富なチップを使い分けることで、肝斑、ニキビ跡、小じわ、毛穴など、様々なお肌のお悩みに対応できます。また、針を使わないチップもありますので、治療の選択肢がさらに広がりました。

POTENZA 3つのポイント

真皮層まで薬剤をしっかり届ける

POTENZAには治療目的に合わせた様々なチップがあります。なかでも肌に空けた穴に直接薬剤を届けるドラッグデリバリー機能を搭載した「ポンピングチップ」と薬剤を併用することで、要成分をしっかりと均一に肌内部(真皮層)に浸透させることができます。薬剤による効果に加え、ニードル穿刺とRF照射の熱により、傷治癒のプロセスで、3つのシナジー効果が期待できます。
RF照射の熱による肌活性(線維芽細胞の活性)に加え、極細針によってできた傷が回復する過程でも創傷治癒効果が働くことから、従来のマイクロニードル治療法よりも効果実感に優れたお勧めの治療法です。

ダウンタイムが短い

従来のマイクロニードル治療では、刺入する深さ(針の長さ)や、肌を引っ掻くように傷を付ける施術方法が原因で出血を伴いやすく、特に肌の深い層へのアプローチではダウンタイムが長くなる傾向にありました。しかしPOTENZAなら、針を刺入した際にRFを照射することによって出血を抑えられ、また、モーター制御により針の挿抜が正確にコントロールされるため、ターゲットの深さに関わらず従来の治療法よりも短いダウンタイムでの治療が可能です。

痛みが少ない

POTENZAではマイクロ単位の極細の針(外径0.25mm:約32G)を用います。また、針を刺す速度と間隔、照射するRFの熱量を患者様にあわせて調整することで、より痛みに配慮した治療が可能です。

薬剤を均一に浸透させて治療を効果高めるドラッグデリバリーシステム


参照:https://youtu.be/6S2x_xBC_94?list=PLozBOviCaaVUCrjiA3VHUiegUhQiXscI6

適応症例

  • ・炎症ニキビ
  • ・ニキビ跡・傷跡
  • ・赤ら顔(酒さ・紅潮)
  • ・肌質
  • ・毛穴
  • ・シワ
  • ・肌の弾力性(ハリ)
  • ・タイトニング
  • ・肝斑

ニードルによる治療(Invasive)

瘢痕(スカー)・ニキビ跡(アクネスカー)治療

お肌に微細なニードルを穿刺し、針先からRF(高周波)を照射します。皮膚に損傷を与え、線維芽細胞を刺激し、創傷治癒を促すことでコラーゲンやエラスチンの増生を促します。これによりお肌にハリが出て、クレーターのようなニキビ跡の改善が期待できます。

しわ・毛穴の改善・スキンリジュビネーション治療

真皮層に直接RFの熱を加えることで、皮膚の自然治癒能力が活性化されます。創傷治癒の過程を経て、熱影響を受けた線維芽細胞はコラーゲンを再構築します。皮膚のハリ感や、引き締め効果が期待できます。

肝斑治療

POTENZAは、メラノサイト自体に特定のRFエネルギーを与えることで、肝斑の原因となるメラニンの産生を抑制し、根源的にアプローチする治療方法です。

赤ら顔(酒さ・紅潮)治療

赤ら顔は様々な外的・内的な刺激が要因となり炎症が起き、新生血管が増生されることで症状が起こります。POTENZAは毛細血管が存在する真皮層へ直接RFエネルギーを与えることで、赤ら顔の原因となる新生血管を抑制し、根源的にアプローチする治療方法です。

Q&A

Q 施術時間は?
A 施術内容、照射部位、麻酔の有無によって異なりますが、30~60分程度です。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。

Q 痛みはありますか?
A 治療内容によっては、治療前に麻酔クリームを使用し痛みを抑えます。治療後は火照っているような、少々の熱感が翌日まで続きます。人によっては3~4日続く場合があります。痛みの感じ方には個人差がありますので、施術中は痛みの様子を伺いながら治療をすすめていきます。

Q ダウンタイムはありますか?
A 治療後は赤みが出現しますが、1~2日でほぼ消失します。メイクは翌日から可能です。赤みはメイクをすればほとんどカバーできる程度です。マイクロクラストが形成されることがあります。
DIAMOND治療では、施術後よりメイクが可能です。

Q 日焼け後の肌でも施術を受けられますか?
A 肌の色を問わず施術を受けられますが、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。

禁忌事項

  • ・心臓ペースメーカーなど埋め込み型医療機器をご使用の方
  • ・心臓疾患の方
  • ・出血性疾患の方
  • ・自己免疫疾患の方
  • ・糖尿病による合併症を発症している方
  • ・皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • ・施術部位に創傷、重篤な皮膚疾患および感染症がある方
  • ・施術部位に金属糸または金属プレート等を入れている方
  • ・タトゥー、アートメイク上の施術
  • ・ケロイドを有する部位への施術およびケロイド体質の方
  • ・アルコール依存症、薬物依存症などの精神神経疾患の方
  • ・金属アレルギーがある方
  • ・妊娠している方
  • ・乳幼児

※詳細につきましては医師にお尋ね下さい。

施術後の注意

  • ・施術後、発疹や紅斑が激しい場合は自宅でアイスパックを使用することをお勧めします。
  • ・皮膚の乾燥を感じる場合は、十分な量の保湿クリームを塗布します。
  • ・ダイヤモンドチップ以外は洗顔、メイク、シャワーは24時間控えてください。
  • ・紫外線による色素沈着を防ぐため、日焼け止めを使用します。
  • ・皮膚の再生を促すために、一日10~15分程度、保湿成分を含有するマスクパックを使用することをお勧めします。
  • ・皮膚スクラブ製品の使用や角質除去は避けてください。
  • ・当日は飲酒を禁止し、サウナ、半身浴、激しい運動は避けてください。
  • ・施術後、炎症または腫れのために毛穴が塞がり、一時的にざ瘡が生じる、または、悪化することがあります(7日程度)。
  • ・ざ瘡が衛生的に圧出されなかった場合、色素沈着を生じることがあります。

料金

詳しくはこちら

副作用・リスク

  • ・感染
  • ・色素沈着
  • ・紅斑
  • ・毛嚢炎

お問い合わせ先

03-3847-6600

・当製品は未承認医療機器です。
・Jeisys Medical Inc.より、医師が個人輸入しております。
※承認を受けていない医薬品・医療機器については下記のページをご確認ください https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/health_damage/overseas_report/index.html
・同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
・以下の認証を取得しております。
MFDS(2019.01), FDA, CE, ANVISA

clinic

院内案内

slide
slide
slide
slide
slide

reservation

ご予約

診療時間
10:00~19:00
休診日
不定休
住所
〒110-0005
東京都台東区上野七丁目七番六号 MPR上野駅前ビル8F
スケジュール
スケジュール
アクセス
JR「上野」駅 入谷口より徒歩1分
東京メトロ銀座線「上野」駅 徒歩4分・同線「稲荷町」駅 徒歩7分